top of page
  • catsubomi0

英検  はじめの一歩

 英検ジュニアは、リスニング力を測る形式のテストです。

ブロンズ(小学校低学年程度)

シルバー(小学校中学年程度)

ゴールド(小学校高学年程度)

年長になったばかりの10名がブロンズにチャレンジしました。受験のため特別に勉強したわけでなくブロンズ模擬テストをサラッと一通りやっただけです。模擬テスト1回目、みんなよく聞き取って100点でした。前半だからよくできるんだと思い後半まで3~4日で進んだ結果、ほとんどのお子様が100点なのです。

私以下保育士の先生たちは驚きました。

すばらしいヒヤリング(リスニング)力が全員、身についているのです。毎日、午前中2英語の英語のレッスンと遊びで活動しているのですが、その内容がよかったのだと、毎月プログラム作りに努力してきた甲斐があったのだと胸をなで下ろすのと同時に喜びの涙があふれでました。

 年長さん達はInternationalキンダーガーテン開設のとき3歳児(年少)で入園されたお子様たちです。私を信じ入園を決め、ついてきてくださった保護者の皆様に心から感謝申し上げます。

 在園中に、シルバー、ゴールド合格をめざしたいと思っています。次のシルバー合格で、小学校中学年程度のリスニング力がついていると認められますので入園時のお約束が果たせることになります。大きな目標に向かって進むとき、小さな目標(段階的につくった)に向かって一歩一歩進むことが大事ですね。

 英検ジュニアのブロンズ・シルバー・ゴールドをクリアーしたら、いよいよ英検5級(中学1年修了程度)です。読む力、書く力もためされます。

Internationalキンダーガーテンでは2歳児コースから読む力、書く力もレッスンの中で取り組んでいます。この1年で楽々と5級合格が数名出るのではと私は予測しています。



               チャイルドアカデミー

                   代表  森 裕子       


数検  6月中に実施しました。年中、年長みなさん とてもよい成績でした。


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

英検5級合格

6月の英検で春に1年生になった卒園時4名が5級に合格しました。ヒアリング中心のジュニア英検ブロンズとシルバーは年長の時、全員合格していました。 おめでとう! 子どもの偏食 「子どもの偏食で悩んでいます。周りのお友達も多少の好き嫌いはあるようですが、うちの子は特に食べません。何を作っても食べてくれないので、もう、疲れてしまって…」 実は近年このような子どもの偏食にまつわる悩みは増えているそうです。

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

こころそだて  自分を表現する力を育てたい

幼児は感情を表現するのに身体全体を使って回りの人に伝えますね。うれしい時は満面の笑みをうかべキャッキャと言って手足を動かし、悲しい時は涙を流し手足をバタバタさせて表現します。 人間が人間らしく生きるために必要な自己表現できる力を育てる幼児教育として1番にあげられるのが音楽教育ですが(その中でも、心の解放・自己の表現としてのリトミック)チャイルドアカデミー両園では、音楽教育(リトミック)と共に絵画・

Comments


bottom of page