top of page
  • catsubomi0

きょうのごはんは何だろな♪

 お惣菜サービスがスタートしました。私の予想をはるかに上回る、大勢の方から正会員の申込をいただきました。

 赤ちゃん時代、おっぱいかミルクを飲ませている間はいいのですが、離乳が始まると、何をどれだけ食べさせればいいのか、新米ママは頭をなやまします。食器だけでなく、包丁、まな板、すりばち、全てを消毒し、時間をかけてつくっても「フン」とそっぽをむかれたり「ペッ」と吐き出されてしまったり……。まして、社会的に仕事を持っている(家事労働以外の)母親にとって、いくじ→じごく→くろう……のしりとりです。私も子どもが生まれて毎日、1年365日栄養のバランスばかりではなく、できるだけ添加物のない、できるだけ加工食品を使わない食事づくりをと努力してまいりました。ただ私は7年間は、いわゆる専業主婦でしたので時間はたっぷりありました。その後、長女が5歳、長男が3歳になった頃から社会的な仕事を始めましたので、皆様と同じような子育てしながらの家事との戦いを経験することになったのです。 それでも私は料理の実技を学習していましたので、学校でも家庭でも料理実習なしに結婚に突入した方々とはちがい、恵まれていたんだと、この頃思うようになりました。なぜなら、女子師範といわれる今だったら女子大の教育学部を卒業して、すぐに、故郷から、ずうっと離れた天草に赴任した私の母が料理ができない人だったので、母の鶴の一声で私は大学入学と同時に「えのきぞの料理学校」に通わされたのでした。

昭和30年代、40年代頃までには花嫁修業として、料理学校、洋裁学校、お茶、お花の学校があり「えのきぞの料理学校」もその種の学校として人気があったのでした。そのころの女の子にとっては大学での教育より花嫁学校の方が価値が高かったのです。

 さて、家事と仕事を両立させるべく、日々努力を重ねてきた私でしたが40歳を超えた頃より、夕飯づくりがとても大変になりました。(子ども達が高校に入りお弁当も作らなければならなくなったこともあり)家族の健康を考えると仕事をやめなければならないかな~と、なやんでいた頃、運命の女神の調理人Kさんと出会ったのでした。夕飯の惣菜三点くらいを作ってもらうようになりました。彼女は私の仕事場の近くに住んでいたので、彼女の台所で作って仕事場まで運んでもらいました。それから15年程つづけました。このおかげで、家族も健康で私は仕事をつづけられたのです。

皆様にも、このお惣菜サービスを提供するのは、私の念願だったのです。二人目の運命の女神の調理人Jさんとの出会いに感謝です。



                  チャイルドアカデミー

                       代表   森 裕子   

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

英検5級合格

6月の英検で春に1年生になった卒園時4名が5級に合格しました。ヒアリング中心のジュニア英検ブロンズとシルバーは年長の時、全員合格していました。 おめでとう! 子どもの偏食 「子どもの偏食で悩んでいます。周りのお友達も多少の好き嫌いはあるようですが、うちの子は特に食べません。何を作っても食べてくれないので、もう、疲れてしまって…」 実は近年このような子どもの偏食にまつわる悩みは増えているそうです。

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

こころそだて  自分を表現する力を育てたい

幼児は感情を表現するのに身体全体を使って回りの人に伝えますね。うれしい時は満面の笑みをうかべキャッキャと言って手足を動かし、悲しい時は涙を流し手足をバタバタさせて表現します。 人間が人間らしく生きるために必要な自己表現できる力を育てる幼児教育として1番にあげられるのが音楽教育ですが(その中でも、心の解放・自己の表現としてのリトミック)チャイルドアカデミー両園では、音楽教育(リトミック)と共に絵画・

Comments


bottom of page